カナル グランデ

日付を選択して、アクティビティを検索

カナル グランデ:ツアー & チケット

カナル グランデの感想

Overall rating

4.1 / 5

based on 8,517 reviews

ローマから列車でヴェネツィア に到着。3.5時間の乗車の間にチケットを予約しました。他の方のサイトを参考に、サンマルコ広場を観光してからチェックインの為にチケットオフィスへ向かう予定でした。ところがサンタルチア駅からヴァポレットが混雑の為なかなか乗ることができず、サンマルコ広場に着いたとしても、迷って路地に入り込んだらきっと間に合わない!という時間になってしまい、リアルトで慌てて降船しました。その際に、入り口の係の方に早口で「This office, here?」と地図を見せたら英語で答えてくれて簡単な道案内もしてくださいました。さらにチケットオフィスまでは5分とかからず道もわかりやすくて余裕を持ってたどり着きました。チェックインのカウンターの方の対応も丁寧でゴンドラに乗るまでが非常にスムーズでした。ひとり旅でイタリア語もわからないため、間に合わないかもしれないとか辿り着かないかもしれない、というのがストレスなので、係の方たちが親切でとても良い思い出になりました。星4つなのはゴンドラのコースがイマイチなのと、ヴァポレットの遅延してあか

ゴンドリエールは終始スマホをいじり 電話しながらだったが 事前にレビューで確認済だったので なんとも思わなかった。 外国人2組との混載だったので 他2組がチップを払っていたため 合わせる必要があった。 貸切だったら より要求されていたかもしれないので 混載で良かったと思う。 ため息の橋、リアルト橋を くぐれなかったのは残念だった。 集合場所の事務所が分かりにくいため 余裕を持つことをおすすめする。 (ヴェネツィアは入り組んでいてどこに行くのも難しい)

ゴンドラに音楽が加わることで、景色や町並みがより美しく感じられる。本当に素晴らしかった。私達の船は、演奏家がいる船とは違う船だったが、横付けしてもらえたので良かったが、遠いとまた違った感想にはなると思う。こればかりは運なのでしょう。

サンマルコ広場の裏てから出発し、いくつかの橋の下をくぐり、リアルト橋近くのカナルグランデへ出て、また違う水路を通り戻ってくるルートだったが、気軽に楽しめて良かった。ゴンドリエーレが軽く鼻歌を歌ってくれていい雰囲気だった。

聞こえないというレビューもありましたが、そもそも狭い水路を通るのでそんなことはなく、離れた船でも十分に響いて聞こえてきます。 日本人が多かったからか、日本の歌まで歌っていただき(しかもメドレーで)とても楽しめました。