ミュージアム広場:当社イチ押しのツアーとアクティビティ

アムステルダム国立美術館 入場チケット

1. アムステルダム国立美術館 入場チケット

アムステルダムの中心部に位置する国立美術館の入場チケットをご提供します。アムステルダムにある最も素晴らしい美術館のひとつで美術品コレクションの鑑賞を楽しみましょう。 国立美術館では、レンブラント、フランス・ハルス、ファン・ゴッホ、その他のオランダを代表する画家による名作のコレクションを見ることができます。レンブラントの「夜警」は、国立美術館が誇る美しい照明の施されたホールに展示されており、絵画の細部まで鑑賞することができます。 また、有名な「ユダヤの花嫁」も見ることができます。ゴッホは、開館間もないこの美術館を訪れた際、この絵の前に2週間座っていられるなら、その間古いパンのかすを口にするだけでも我慢できるし、10年の人生を棒に振ってもいいと手紙に書いているほど、この絵に深く感動しました。 この美術館で鑑賞することができるのは、黄金時代のオランダの巨匠達による絵画だけはありません。広範囲に渡るコレクションには、デルフト陶器、彫刻、考古学的芸術品、衣類、東洋芸術、版画、オランダ海洋史にまつわるアイテム、そして文化的に重要な様々な物品が含まれています。それらを見学しながら、800年に渡るオランダの歴史を世界的なコンテキストで鮮明に理解することができます。 当然ながら、コレクションは過去にとどまっているわけではありません。 イヴ・サン・ローランが1965年に発表したモンドリアンルックのドレスなど、新しい芸術作品も見ることができます。 現在、名画「夜警」の史上最大規模の研究と復元プロジェクトが始まったところです。美術館内でプロジェクトの進行をご覧いただけます。そして、よろしければ、プロジェクトを支援するために寄付していただければ幸いです。

アムステルダム:ハウス オブ ボルス入場券

2. アムステルダム:ハウス オブ ボルス入場券

ハウス オブ ボルスでは、1575 年からアムステルダムでリキュールを製造している世界最古の蒸留酒ブランド、ルーカス ボルスの歴史について学びます。また、1820 年にさかのぼるオランダで再発見されたカクテル スピリッツ、ボルス ジュネヴァも発見できます。 この 90 分間の訪問で、ハウス オブ ボルスは味、香り、画像、音、映像を取り入れた壮大な旅へとあなたをお連れします。セルフ ガイド ツアーには、38 種類のボルス リキュールがすべて揃うホール オブ テイスト、デルフト ブルー ルーム、ワールド オブ カクテル クラブ、ボルス ジュネーバー ルームが含まれます。 セルフ ガイド ツアーは革新的なミラー バーで終了します。ここでは、バーテンダーがお好みのボルス ジュネーブとリキュール カクテルを目の前で調合します。フレア バーテンダーの技術を学びたい場合は、特別にデザインされたボルス フレア ボトルを備えた魔法のフレア ブースで学ぶことができます。 カクテル愛好家は、ボルス ショップに立ち寄るまで買い物をしたり、わずか 6.00 ユーロで 2 回目のボルス カクテルを楽しんだりすることもできます。 ベスト エキシビション アンド エクスペリエンス部門のオランダ デザイン アワードを受賞したハウス オブ ボルスは、伝統と歴史がイノベーションと現代的なデザインと完全に融合していることを証明しています。 ハウス オブ ボルスは、アムステルダムの有名なミュージアム クォーターにあり、ゴッホ美術館の向かい、アムステルダム国立美術館の隣にあります。

アムステルダム:アムステルダム中心部のガイド付き自転車ツアー

3. アムステルダム:アムステルダム中心部のガイド付き自転車ツアー

あなたの側に乗っている専門家のガイドでアムステルダム中心部の観光スポットを発見してください。街の文化について学び、重要な史跡、有名なホットスポット、そしてあまり知られていない地元のお気に入りをご覧ください。 中央駅の近くから旅を始め、印象的なアダム タワーを通り過ぎ、魅力的な跳ね橋、古い倉庫、シックなアーティストのスタジオでいっぱいのウェスタン アイランドに向かいます。 Brouwersgracht Canal に沿って進み、インディー ブティック、居心地の良いカフェ、おしゃれな飲食店が並ぶトレンディなヨルダーンと 9 ストリート地区を訪れます。 街の中心部に深く入り込むと、Grachtengordel 地区に入り、Westerkerk (西教会) と歴史的なアンネ フランクの家を通り過ぎます。 活気に満ちたナイトライフのあるにぎやかな劇場街、ライツェ広場周辺で音楽や大道芸人のざわめきを感じてください。 興奮した後は、アムステルダム最大の公園であり、オランダで最も有名な公園であるフォンデル公園で楽しい休憩をお楽しみください。 充電された気分で、ミュージアム クォーターを一周し、ボヘミアンの影響を受けたデ パイプ地区の狭い通りを走り抜けます。 アムステル川に架かる木製の跳ね橋、象徴的なマヘレの跳ね橋 (スキニー ブリッジ) を渡り、マリタイム クォーターにつながる有名なアルティス動物園に到着します。 自転車の旅が始まった場所に戻る前に、ソルト ハーバーで 17 世紀のオランダ東インド会社の船の印象的なレプリカを鑑賞してください。

アムステルダム:アムステルダム市立近代美術館 入場券

4. アムステルダム:アムステルダム市立近代美術館 入場券

多種多様な美術品や芸術作品を所蔵するアムステルダム市立美術館の入場券です。優先入場を利用し、近現代美術の作品を鑑賞しましょう。 オランダで最も重要な近現代の芸術とデザインの美術館として知られるアムステルダム市立美術館では、主要な芸術運動の歴史を体感できます。 1895年に開館したこの美術館はムセーウム広場にあり、近隣にはゴッホ美術館やアムステルダム国立美術館があります。 大規模な改装により、歴史ある本館に近未来的な別棟が追加されました。2012年の再オープン以来、多くの訪問者により大きな感動を与えています。 優先入場して、9万点に及ぶ芸術作品のコレクションをご覧ください。20世紀の主要なオランダの芸術家による膨大な作品を含む、世界的に有名な芸術家の並外れた作品が展示されています。 常設展示は、世界で最も重要な近現代アートとデザインのコレクションのひとつに数えられます。アートとデザインの分野で優れた働きをしている国内外のアーティストまたデザイナーにより、昨日、今日、そして明日起きようとしている変化が芸術に形作られています。 ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、マルク・シャガール、ピエト・モンドリアン、草間彌生、アンディ・ウォーホル、アンリ・マティス、ジャクソン・ポロック、ニコラス・ウォーブ、ゲリット・リートフェルト、エル・アナツイ、マレーネ・デュマ、チャーリー・トゥーロップなど、非常によく知られている作品とともに、それほど世に知られていない名作をご覧いただけます。 テーマごとにおおまかな年表で整理されたこのコレクションは、アートとデザインが社会運動とともに発展し、多様な視点を含むいくつもの歴史を生み出せることを強調しています。

アムステルダム:ホップオン ホップオフ バスとオプションのボートツアー

5. アムステルダム:ホップオン ホップオフ バスとオプションのボートツアー

ホップオン ホップオフ バスや運河クルーズを利用して、アムステルダムの街を音声ガイドによる自由見学で観光しましょう。お客様が訪れたい観光名所の近くにあるバス停留所で自由に乗り降りしながら、効率的に観光することができます。オプションで運河クルーズのチケットを含めることもできます。 市内中心部に散らばる10か所のバス停のどこからでも乗車が可能です。バス車内では16言語対応の音声ガイドをご利用いただけます。音声ガイドによる解説を聞きながら、アムステルダムの様々な名所について学ぶことができます。ガッサン ダイアモンドでは宝飾品店の見学ツアーに無料で参加できますので、是非、近くのバス停留所で降りて、そこを訪れてみましょう。 そして、運河クルーズに参加して、水上から見るアムステルダムをお楽しみください。運河クルーズにはバス停留所に隣接する船着場から参加できますので、大変便利です。ユネスコ世界遺産に登録されているアムステルダムの100キロメートル以上におよぶ運河を移動しながら、美しい景色に浸りましょう。  アムステルダムで最も有名な3つの運河であるカイザース運河、プリンセン運河、ヘレン運河も通ります。運河沿いには、かつては香辛料を扱う裕福な商人が住んでいた歴史的な大邸宅の数々を見ることができます。

アムステルダム:2時間の街のハイライトガイド付き自転車ツアー

6. アムステルダム:2時間の街のハイライトガイド付き自転車ツアー

ガイド付きの自転車に乗って、家族経営の小さな会社と一緒にアムステルダムを発見しましょう。ゆったりとしたリラックスしたペースで自転車に乗り、レンブラントの家を見て、象徴的なスキニー ブリッジに立ち、アムステルダムについて学びましょう。 アムステルダムの豊かな歴史について学びながら、主要なハイライトをすべてご覧ください。古い西部の港を訪れます。牧歌的な運河の迷路をサイクリングします。 さらに、レンブラントの家を通り過ぎるヨルダン地区を通り抜け、アムステルダムのさまざまな多様な地区を探索することができます。 芸術と歴史に特化した州立博物館であるアムステルダム国立美術館に進み、伝説のスキニー ブリッジに立ちます。

アムステルダム空港~市内中心部:エクスプレス往復送迎サービス

7. アムステルダム空港~市内中心部:エクスプレス往復送迎サービス

アムステルダム エアポート エクスプレス(バス路線397)を利用して、スキポール空港から市内中心部まで簡単かつ迅速にアクセスしましょう。バスはスキポール空港のバス乗り場「B17」からおよそ8 分毎に出発しています。アムステルフェエンセヴェーク、オリンピック シュタディオン、ハールレンマーメールステーション、エマ通り、コンセルトヘボウ、ミュージアム広場(アムステルダム国立美術館)、ライツェ広場、またはバスステーション エーランツグラハトへの直通バスです。降車するバス停からは、アムステルダム市内のほとんどのホテルまで簡単にアクセスすることができます。1:00〜5:00の深夜から早朝にかけては、昼間の397系統と同じルートを走るN97系統のバスが、空港と市内中心部の間を1時間に1回往復しています。 25分間ほどの移動の間、バスの車内でゆっくりとおくつろぎください。携帯電話を充電できる電源コンセントやWi-Fiを無料でご利用いただけます。車内の案内画面で、バス停留所を確認することができます。バスの乗降口は低くなっていますので、車内に手荷物を持ち込むことができます。 4~11歳のお子様は、バス運転手からキッズ1日券をわずか1ユーロで購入できます。4歳未満のお子様は無料で乗車いただけます。 両方向におけるバス停留所は以下の通りです: スキポール アムステルダム空港 スキポール空港 バスターミナル(Knooppunt Schiphol Noord) アンデルレヒトラーン(Anderlechtlaan) 地下鉄アムステルフェーンセウェフ駅(Amstelveenseweg) オリンピスフ スタディオン(Olympisch Stadion) 路面電車駅(Haarlemmermeerstation) エマ通り(Emmastraat) コンセルトヘボウ ミュージアム広場(アムステルダム国立美術館) ライツェ広場(Leidseplein) バス ステーション エランズグラヒト(Busstation Elandsgracht)

アムステルダム:隠れた名所とハイライトのガイド付き自転車ツアー

8. アムステルダム:隠れた名所とハイライトのガイド付き自転車ツアー

市内のよく整備された自転車道での自転車ツアーで、地元の人のようにアムステルダムを体験してください。ヨルダーン地区のフォンデル公園を通り抜け、見事なミュージアム スクエア (Museumplein) に到着します。 ガイドに会って自転車を受け取り、街の隠れた宝石を探しに出かけましょう。人気のヨルダーン地区から始めて、安全な裏通りに乗って運河を渡りましょう。観光客が見逃しがちな中庭や教会に行きましょう。 ガイドが途中で各サイトの起源と歴史を共有するのを聞いてください。アンネ フランクの家でヨルダン エリアのツアーを終了し、アムステルダムで最も有名で英雄的なかつての住人の 1 人について学びましょう。 飲食物を購入できる魅力的なカフェでリラックスした休憩をお楽しみください。フォンデル公園までサイクリングし、アムステルダムで人気の都会のオアシスをクルーズします。 ミュージアム スクエア (Museumplein) に向かい、ゴッホ美術館、アムステルダム国立美術館、コンセルトヘボウなど、市内で最も人気のある文化的名所について学びましょう。ツアーの終わりに待ち合わせ場所に戻ります。

アムステルダム:プライベートペディキャブ歴史観光ツアー

9. アムステルダム:プライベートペディキャブ歴史観光ツアー

ツアーは、街の発祥の地、メイン広場であり、アムステルダムの旧市街の中心であるダム広場から始まります。アムステルダムが進化し始めた場所であり、王宮、新しい教会、国定記念物がある場所です。 次の目的地はゼーダイクです。現在は通りですが、昔は旧市街を守っていた堤防の 1 つです。ここには、オリジナルのインテリアを備えた最古のカフェが今日も立っており、通りを少し下ると、近くのチャイナタウンが垣間見えます。 最も重要な建物である 15 世紀の城門がその真ん中に立っているニュー マーケット広場。この場所は歴史に満ちており、すべてを学ぶことができます。 数分後、16 世紀初頭にアムステルダムで拡張された防御線の一部である、古い監視塔と防御塔であるモンテルバーンシュトーレンに立ち寄ります。ここからは、17 世紀の運河沿いの家屋を背景に、たくさんの屋形船が並んでいる「アウデ ワール」を見渡すこともできます。 次はユダヤ人地区で、350 年以上前に西ヨーロッパでユダヤ人が建設することを許可された最初のシナゴーグ、「大シナゴージ」が見られます。通りの反対側には、ポルトガルのシナゴーグが見えます。近くには、第二次世界大戦のオランダ系ユダヤ人の犠牲者の名前を記した 10 万 2,000 個のレンガでできたホロコーストの名前の記念碑があります。モニュメントのすぐ向かいには、ダイヤモンド事業で成功したユダヤ人のセファルディ移民が住んでいた、美しい古い 17 世紀のカナルハウスが並んでいます。 次に、エルミタージュ美術館が現在入っている巨大な古い 17 世紀の未亡人の家であるエルミタージュが見えます。 スキニー ブリッジはアムステルダムの最も象徴的な橋の 1 つで、夜になると何百もの電球が美しくライトアップされ、スキニーながらスタイリッシュなデザインが強調されます。ここからは、アムステルダムで最も幅の広い主要な運河であるアムステル川を一望できます。写真を撮るのに良い場所です! 乗り物は、アムステルダムの旧市街を囲む17世紀の近所である運河地区を通って続きます。どの都市の地図でも、中心を回る半円としてはっきりと見ることができます。ここには、かつて成功した商人の家であった典型的なアムステルダムのカナル ハウスの大部分があります。現代とは異なり、すべての運河の家はわずかに異なりますが、建物の時代を明らかにする典型的な類似点がいくつかあることがわかります. 戻る前の最後の停留所は、周囲の美術館の美しい景色を望む、アムステルダムで最大かつ最も緑豊かな広場であるミュージアムスクエアです。片側にはオランダ最大の美術館、レンブラントの大きな絵画が展示されているアムステルダム国立美術館があり、反対側にはクラシック音楽のコンサートホールであるコンセルトヘボウが見えます。広場の隣には、ゴッホ美術館、現代美術館のステデライク美術館、モコ美術館 (バンクスキー)、ダイヤモンド美術館もあります。時間があれば、数日間忙しくするのに十分です。 希望の場所を設定して、事前にツアーを終了できます。

アムステルダム:人力車によるプライベート シティ ハイライト ツアー

10. アムステルダム:人力車によるプライベート シティ ハイライト ツアー

自転車タクシーの後ろからアムステルダムを探索し、バス ツアーでは行けない場所を見てみましょう。 1 時間または 2 時間のプライベート ガイド ツアーを選択して、にぎやかなニューマルクトからスキニー ブリッジまで、途中で街の最も象徴的なアトラクションを発見してください。 ホテルからの便利なピックアップで旅を始め、13世紀に海が街に氾濫するのを防ぐためにアムステルの周りにダムが建設されたときに作成されたダム広場に乗ります。 チャイナタウンのレストランやショップを通り過ぎる前に、際どいがフレンドリーな雰囲気の象徴的な歓楽街に移動します。 賑やかなニューマルクトと、ナイトライフで有名なにぎやかなレンブラント広場に向かって進みます。アムステル川に架かるマヘレの跳ね橋を眺め、ミュージアム広場を取り囲む 3 つの美術館の建物を鑑賞しましょう。最後に、9 スモール ストリート エリアのトレンディなショップに浸りましょう。 2 時間のツアーを予約した場合は、フォンデル公園、印象的な 8 面の De Gooyer 風車、有名な画家がかつて住んでいたレンブラント ハウスの追加の光景をお楽しみください。 ヨルダーン地区をドライブして旅を終え、この地域の美しい家やトレンディなレストランに驚嘆してください。

日付を追加

ミュージアム広場

すべてのアクティビティ

20件のアクティビティが見つかりました
並べ替え:
1/2ページ

没入型体験

ミュージアム広場周辺の見どころ

すべて見る

ミュージアム広場のその他の見どころ

ミュージアム広場でのアクティビティを、すべてご覧になりますか? リストをすべて見るには、ここをクリックしてください。

ミュージアム広場の感想

総合評価

4.6 / 5

16,794件のレビューに基づく

バウチャーからチケットへの交換が必要です、とアプリ上で表示されていましたが実際はバウチャーの提示のみで館内に入れました。私たちは土曜日の朝、開館とほぼ同時の9時に入場し、それでもそこそこ人が並んでいましたが、美術館を出る11時頃には長蛇の列ができていたのでなるべく早い時間に入館されることをおすすめします。

博物館はオランダ(オランダ)の歴史を反映しています。これには、最も有名な作品を発表した多くの有名な画家が含まれます。高品質または珍しい家具、ガラス製品などの他の芸術作品も、さまざまな時代から展示されています。展示エリアはとても広いので、それに応じて時間を計画してください。建物も印象的です。

ユーレイルパス特典を利用し10%offで購入しました。この日は入口でスタッフさんが「チケットをオンラインで購入してからでないと入場できない」と言っていたので、こちらで購入しておいて良かったです。 絵画も館内も素晴らしかったです。ハーグを訪れたらぜひ行くべきです!

素晴らしい絵画をゆっくり見ることができます。カフェやレストランもあります。美術館内の飲食はアプリでの注文やキャッシュレスやになっていました。

同僚と参加しました。私自身は2回目なのですが やはり 2度目でも 目を奪われる作品です。滞在中 もう1度 訪問したいです