このアクティビティは自動翻訳されています。英語の原文を確認するには、こちらをクリックしてください。
1日ツアー

ソレントから:アマルフィとポジターノのボートツアー

アクティビティ事業者: Cooperativa S. Antonio

ソレントから:アマルフィとポジターノのボートツアー

アクティビティ事業者: Cooperativa S. Antonio
早い者勝ち 昨日に37件の予約がありました

料金 ¥ 6,847 から(1人あたり)

早い者勝ち 昨日に37件の予約がありました

ネラノから毎日出発する終日共有ツアーをお楽しみください。宿泊施設への往復送迎サービスが含まれています。アマルフィ海岸の驚くべき美しさに感心し、絵のように美しいアマルフィとポジターノの町を訪れます。

アクティビティ概要

無料キャンセル
24 時間前までのキャンセルは全額返金されます
今すぐ予約&後で支払う
旅の計画は柔軟に - 今日は何も支払わずに予約を押さえましょう。
新型コロナウイルス感染症への安全対策
感染防止のための衛生・安全対策を行なっています。 詳細を見る
所要時間/日数 8 時間
ご希望の日付を選択し、開始時刻を確認してください。
運転手
英語、イタリア語
送迎オプションあり
ピックアップは、宿泊施設または宿泊施設にアクセスできない場合は可能な限り最も近い待ち合わせ場所から行われます。 MetaまたはVicoEquenseからのピックアップは利用できませんが、電車でソレントに来る場合は、鉄道駅からピックアップできます。

アクティビティの内容

おすすめポイント
  • アマルフィ海岸と神秘的なリガリ島の素晴らしい景色をお楽しみください
  • 海からフロレとクラポラのフィヨルドと小島ディスカを賞賛する
  • 古いアマルフィ海洋共和国と絵のように美しいポジターノの両方を探索する
  • 回廊の楽園など、アマルフィの重要なランドマークに驚嘆する
  • アマルフィの手付かずの海岸でリラックスしたり、透き通った海で泳いだりできます
詳細

ホテルからのピックアップ後、ボートツアーは午前9時に出発します。まず、ユリシーズとサイレンの神話が設定されたと言われているリガリ島を航海します。その後、ボートはアマルフィの古代海洋共和国に向かい、そこで4時間の自由な時間を楽しんで町を探索します。

大聖堂やパラダイスの回廊など、地元の主要なアトラクションをお見逃しなく。小石のビーチで日焼けしたり、紺碧の海で泳いだりしてお楽しみください。また、世界的に有名なアマルフィ海岸のレモンやリモンチェッロなどの地元の製品を購入することもできます。 次に、ポジターノに向かって航海します。ポジターノでは、約1.5時間かかります。絵のように美しいフロレと美しい旧市街のプライアーノを賞賛してください。帰りの旅では、クラポラのフィヨルドとエドゥアルドデフィリッポに属する魅惑的なイスカ島を見つけることができます。最後に、午後5時15分頃に港に戻り、シャトルで宿泊施設に戻ります。

料金に含まれるもの
  • アマルフィ海岸沿いのボートクルーズ
  • 乗組員の支援
  • アマルフィで4時間
  • ポジターノで1.5時間
  • 機内のライフジャケット
  • ホテルのピックアップとドロップオフ(オプションが選択されている場合)
  • 飲食
  • 記念碑、洞窟、アトラクションへの入場
新型コロナウイルス感染症への安全対策
ご参加される皆さまへのお願い
  • マスクの着用をお願いします。ご自分のマスクをお持ちください
  • 検温が義務付けられています

参加者数と日付を選んでください。

参加者

日付

集合場所

桟橋前のビーチにあるCooperativaS.Antonioデスクでお会いしましょう。

Googleマップで開く ⟶
重要事項

持ち物リスト

  • 歩きやすい靴
  • 日よけ帽
  • 水着
  • カメラ
  • 日焼け止め
  • 飲料水
  • 酔い止め

参加上のご注意

  • ピックアップはソレントとソレント半島の領土からですが、ツアーはネラノ(マリーナデルカントーネ)から出発します。
  • MetaやVicoEquenseはありませんが、電車でソレントに来る場合は、駅から迎えに行くことができます。
カスタマーレビュー

総合評価

4.5 /5

549件のレビューに基づく

レビューの詳細

  • ガイド
    4.6/5
  • 送迎サービス
    4.6/5
  • 値段相応
    4.6/5

並び替え:

旅行者:

評価:

Die Tour war gut organisiert. An Bord wurde man informiert, wann und wo der nächste Treffpunkt ist. Es wurde vom Schiff aus auf Sehenswertes in Blickweite (kleine Insel/ Inselformation etc.) aufmerksam gemacht, das Schiff fuhr dann sogar extra langsamer. Angenehm war auch, dass man an den beiden Zwischenhalten Amalfi und Positano absolut frei war und kein Zwangsprogramm hatte. Ich persönlich finde allerdings 4h Aufenthalt in Amalfi und 2h in Positano wahnsinnig lang. Gerade weil man nicht in Sorrent, in der Nähe von Bus und Zug, von Bord gehen kann, sondern in Nerano, nach Aussage unseres Taxifahrers am Ende der Welt, ist es anstrengend, so spät am Abend noch nach Hause zu kommen.

続きを読む

2022年8月14日

翻訳する

Nous avons beaucoup apprécié cette croisière : - pour l'intérêt des sites visités, Amalfi et Positano, deux villages magnifiques, - pour les petits détours régulièrement faits par le bateau pour nous faire découvrir d'autres centres d'intérêt, et permettre à tous de prendre des photos - pour le confort du bateau, couvert pour ceux qui souhaitent être à l'abri du soleil, ou à l'extérieur, sur la proue - pour le trajet en minibus de Sorrento à Nerano, qui fait traverser des villages et des paysages charmants, - pour l'organisation, parfaite Nous avons trouvé que la répartition du temps entre Amalfi et Positano (4h et 1h30, si je me souviens bien) était idéale. Elle nous a permis de nous promener à Amalfi, d'y visiter tranquillement la basilique d'Amalfi, son Cloître du Paradis, son musée et sa crypte, qui valent le détour, et de manger au restaurant. A Positano, nous avons pu faire le tour du village et nous offrir une petite pâtisserie. En bref, nous recommandons cette croisière !

続きを読む

2022年8月13日

翻訳する

On espérait ne pas tomber sur un piège à touristes… ce ne fut pas le cas. Bateau sympa, environ 80 personnes, équipages pro et sympa (bon… quelques anecdotes assez ringuardes sur les lieux mais ça passe), ponctuel et pro. Par contre 1h30 a Positano…. Ce n’est clairement pas suffisant. Il vaudrait mieux équilibrer davantage avec Amalfi. Notons que le transfer retour fut épique avec un chauffeur de bus surexcité ! J’ai bien cru à plusieurs reprises ne pas avoir la chance de rentrer chez moi vivant :))

続きを読む

2022年8月12日

翻訳する

商品番号: 284922