ウィーン
コンサート&オペラ

コンサート&オペラ
51件のアクティビティが見つかりました
並べ替え:

旅行中ですか?滞在中に体験できるアクティビティをご覧ください

当社イチ押しのウィーン コンサート&オペラ

ウィーン:ベルヴェデーレ宮殿上部と常設コレクションの入場チケット

1. ウィーン:ベルヴェデーレ宮殿上部と常設コレクションの入場チケット

ウィーンのベルヴェデーレ宮殿は、世界有数の美術館です。その有名な美術コレクションには、中世から現代までの作品が含まれています。上宮と下宮の 2 つの宮殿と広大な庭園を備えたこのユニークな複合施設は、世界で最も見事なバロック建築の驚異の 1 つです。 ハイライトには、世界最大のグスタフ クリムトの絵画コレクションのほか、ウィーンのビーダーマイヤー、オーストリアのバロック、1900 年頃のウィーン、フランス印象派の時代の著名な作品があります。現在、数十年ぶりに、この美術館では、訪問時に鑑賞できる大規模な特別展が再び開催されます。 18 世紀、オーストリアの将軍、サヴォイのオイゲン公爵は、有名なバロック建築家、ヨハン ルーカス フォン ヒルデブラントにこの複合施設の建設を依頼しました。 ユージン王子の死後、マリア・テレジア皇后は建物全体を購入し、ベルヴェデーレ上宮を皇室コレクションの展示会場に改造しました。これにより、ベルヴェデーレ上宮は世界初の公立博物館の 1 つとなりました。 かつてユージン王子の邸宅であったベルヴェデーレ下宮では、有名な展覧会が開催されています。 ベルヴェデーレのバロック庭園は、世界でも最も美しい庭園の 1 つです。メイン庭園はベルヴェデーレ下宮とベルヴェデーレ上宮の間にあり、3 つの大きなテラスに広がっています。ベルヴェデーレ公園には、植物園とヨーロッパ最古のアルプス庭園もあります。 展覧会のハイライト: 現在開催中: 想像してみてください!クラナッハからエクスポートまでのベルヴェデーレ コレクション 2023 年 11 月 9 日 - 2024 年 2 月 11 日: グスタフ クリムト アデーレ ブロッホ=バウアー II 2023 年 11 月 24 日 - 2024 年 6 月 19 日: ネドコ ソラコフ コーナード ソロ ショー #3 (チャールズ エッシェを芸術的良心として) 2023 年 10 月 19 日 - 2024 年 4 月 14 日: カルローネ コンテンポラリー: ミハイル ミハイロフ ダスト トゥ ダスト 2024 年 4 月 12 日 - 2024 年 9 月 29 日: インサイト: フランツ アントン マウルベルチュ 2025 年 2 月 21 日 - 2025 年 9 月 7 日: グスタフ クリムト ピグメント & ピクセル アッパー ベルヴェデーレの改修 アッパー ベルヴェデーレの北側と西側のファサード改修のため、足場が設置されます。この上には、外観ファサードの北側と西側を再現した足場ネットが張られます。計画されている工事は、2024年4月8日に開始される予定です。この間、エントランスエリアには一切影響はありません。この措置は、2024年第4四半期までに完了することを目指しています。

ウィーン:カールス教会 ヴィヴァルディ「四季」コンサート

2. ウィーン:カールス教会 ヴィヴァルディ「四季」コンサート

ウィーンで、クラシック音楽の名作であるヴィヴァルディ作「四季」を鑑賞しましょう。カールス教会で、弦楽四重奏と通奏低音のコンチェルトをお楽しみいただけます。古楽器アンサンブル「Orchestra 1756」が特別な演奏をお届けします。 時を越え歴史を感じる音楽に浸るイブニング コンサートは、忘れられない思い出となるでしょう。ヴィヴァルディがまとめた12曲の革命的なバイオリン協奏曲のうち、四季を表現した4曲が「四季」と名付けられました。 4篇のソネットがインスピレーションとなって生まれた名曲が、聴く人を音の世界に誘います。稲妻と雷鳴、割れる氷、鳥の歌、眠る羊飼いの少年、狩猟の集団など、さまざまな場面を思い描きましょう。 プログラム: 「四季(Le quattro stagioni)」 ヴァイオリン協奏曲Op.8「四季」 第1番「春」 バイオリン協奏曲Op.8「四季」第2番「夏」 ヴァイオリン協奏曲Op.8「四季」 第3番「秋」 ヴァイオリン協奏曲Op.8「四季」 第4番「冬」 「四季」に加えて、以下の作曲家の作品から1曲あるいは2曲が週替わりで演奏されます。 ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト、J.S.バッハ、ハインリヒ・ビーバーなど、名だたる作曲家の作品をお楽しみください。

ウィーン:レジの列をスキップして大観覧車に乗る

3. ウィーン:レジの列をスキップして大観覧車に乗る

オーストリアの首都ウィーンのランドマークであり、世界的に有名なプラーター公園の顔ともいえる大観覧車に乗ってみましょう。一目で分かる独特な形をした大観覧車は、ウィーン観光の際には必ず訪れたい必見スポットです。ウィーンの代表的な観光スポットと言えば、シェーンブルン宮殿、シュテファン大聖堂、スペイン乗馬学校ですが、プラーター公園の大観覧車にも是非お立ち寄りください。 優雅で美しい構造をした大観覧車に乗って、ウィーンの素晴らしいパノラマの景色をご鑑賞ください。大観覧車はウィーンの貴重な文化遺産であり、人気の観光名所です。ウィーンを訪れたら是非、大観覧車に乗ってウィーンの美しい街並みを空からお楽しみください。 ウィーンの大観覧車は、時速2.7キロで回転します。乗客の乗降がなければ約4分で1回転する計算になりますが、通常は12〜15分で1回転します。乗車中はウィーン市内だけでなく、ウィーンの森の丘、ドナウ川、マルヒフェルト平野、パノニア盆地といった周辺エリアの美しい景色を鑑賞することができます。

ウィーン:シェーンブルン宮殿と庭園の優先入場ツアー

4. ウィーン:シェーンブルン宮殿と庭園の優先入場ツアー

シェーンブルン宮殿と庭園を訪れ、優先入場チケットを含むガイド付きツアーでこのウィーンの宝石の中にすばやくアクセスしてください。認可されたガイドに従って豪華なインテリアを見学し、ハプスブルク家の王室について学び、華麗な宮殿の庭園を探索してください。 宮殿の前でガイドに会い、王宮の歴史についての有益な紹介から始めましょう。途中でツアーのライブナレーションをいつでも聞くことができるように、最新のオーディオデバイスを受け取ります。 優先入場チケットを利用して、宮殿内にすばやくアクセスできます。壮大な入り口に驚嘆し、有名なオーストリアの宮殿の 22 の個室をガイド付きで散策しましょう。 長さ 40 メートルのグレート ギャラリーと式典ホールを鑑賞し、ハプスブルク王朝がどのように暮らしていたかを、豪華なホールを散策したり、プライベート チャンバーをのぞいたりしながら見てみましょう。 地元のフレンドリーなガイドが典型的なウィーンのユーモアを吹き込んだ元王室についての面白い話を聞いてください。 ハプスブルク家の王室と有名なシシー皇后の魅力的な歴史だけでなく、宮殿が現代にどのように発展したか、そして王族の子孫が現在どこに住んでいるかについても学びましょう。 ツアーの後は、自分のペースで庭園を散策し、ウィーンの森を見下ろす丘の上にあるアーチ、グロリエッテを垣間見ることができます。

ウィーン:スペイン乗馬学校での調教見学

5. ウィーン:スペイン乗馬学校での調教見学

ウィーンのスペイン乗馬学校で、朝の調教中の馬たちを見学するツアーです。バロック様式の冬季乗馬学校(Winter Riding Academy)の素晴らしい建築美を背景に、調教風景を見学しながら、リピッツァ馬と騎手たちの長い調教の年月に思いを馳せましょう。馬たちの朝の調教は、ウィーンの古典音楽に合わせて行われます。 調教にはリラクゼーション エクササイズ、馬術の習得、特定の筋肉の強化が含まれます。有名なレベード、コートベット、キャピリオールなどの跳躍演技はスペイン乗馬学校でも披露する技ですが、毎日トレーニングされるものではないため、朝の調教時でも必ず見られるとは限りません。 白馬のリピッツァナーは、ほとんど毎日、騎手により調教されます。朝の調教の目的には、馬の身体能力や健康の維持に加え、高等馬術で必要とされるの様々な筋肉の鍛錬があります。

ウィーン:ハルシュタットとアルペン ピークの日帰り旅行、スカイウォーク リフト付き

6. ウィーン:ハルシュタットとアルペン ピークの日帰り旅行、スカイウォーク リフト付き

ユネスコ世界遺産に登録されている風光明媚なザルツカンマーグート地方を訪れるガイドツアーです。白亜の城、美しい高山地域、ハルシュタットの町などをご覧ください。 ウィーン中心部のご宿泊ホテルへ直接お迎えにあがります。お迎え対象エリア外のホテルやアパートメントにご宿泊の場合は、市内中心部の集合場所までお越しください。 バスに乗り、美しいザルツカンマーグート地方へ向けて出発しましょう。最初に立ち寄るのは、白亜のオルト城。結婚式の会場として大人気です。城へと繋がる有名な木の橋の上で写真撮影をお楽しみください。 続いて、ザルツカンマーグート地方の中心部にあるハルシュタットの町を訪れます。ハルシュタットは紺碧の湖のほとりにある美しい町です。スカイウォーク展望台まで上って、町、湖、山々が織りなす絶景を眺めましょう。 自由時間がありますので、昼食をとったり、こじんまりとした街並みの散策などをお楽しみください。美しい自然の風景を目に焼き付けたら、ウィーンへの帰路に就きます。ウィーン国立歌劇場の前でツアーが終了します。

ウィーン:楽友協会でヴィヴァルディの四季とモーツァルトを鑑賞

7. ウィーン:楽友協会でヴィヴァルディの四季とモーツァルトを鑑賞

ウィーンの文化カレンダーのハイライトを体験し、ムジークフェラインのゴールデンホールまたはブラームスホールで美しい音楽の夜をお楽しみください。音楽があなたの周りを盛り上げ、クラシックコンサートでモーツァルト、ハイドン、ヴィヴァルディの演奏を聴きましょう。 コンサートの前半では、モーツァルトとハイドンのウィーンのクラシック曲が演奏されます。後半では、ヴィヴァルディの伝説的なバイオリン協奏曲「四季」が演奏され、弦楽アンサンブルと世界的に有名なオーストリアのソリストが出演します。このユニークな体験にきっと魅了されることでしょう。 ゴールデンホールは、新年コンサートとその独特の音響で有名です ブラームスホールは、すべての室内楽ホールの中で最高の音響で有名です 2024 年のゴールデンホールの日程 2024 年 3 月: 26 日 2024 年 4 月: 2 日、18 日、23 日、28 日、30 日 2024 年 5 月: 14 日、21 日、23 日 2024 年 6 月: 18 日、27 日、30 日 10 月 3 日、10 日、15 日 11 月 1 日、2 日、13 日、22 日、23 日、27 日 12 月 3 日、5 日 2024 年のブラームスホールの日程 2024 年 3 月: 9 日、20 日、23 日、28 日、30 日 2024 年 4 月: 4 日、 9、14、21、25 2024 年 5 月: 2、5、7、9、12、19、26、30 2024 年 6 月: 2、4、7、8、11、16、20、23、25 10 月 1、8、17、22、24、27、29、31 11 月 8、9、16、30 12 月 8、10、12、17、19

ウィーン:乗り降り自由の観光バス ツアー

8. ウィーン:乗り降り自由の観光バス ツアー

バスに乗って、思いのままにウィーンを探索しましょう。この乗り降り自由のチケットでは、どの停留所でも何度でもバスに乗り降りできます。 3 つのルートからお選びください。それぞれのルートでウィーンの異なるエリアにアクセスできます。国立歌劇場、美術史美術館 (美術史博物館)、ヘルデン広場 (英雄広場)、国会議事堂、ブルク劇場などを訪れてください。または、クンストハウスウィーン美術館や UNO シティを訪れる前に、シェーンブルン宮殿とベルヴェデーレ宮殿へ車で向かうこともできます。選択はあなた次第です。 ツアーには 3 つの異なるバス ルートが用意されており、ご希望に応じて組み合わせることができます (グリーン ルートは 6 月から運行され、48 時間チケットに含まれます)。 レッドルート 国立歌劇場、ホーフブルク宮殿、ブルク劇場など、環状道路沿いの観光名所を満喫してください。 停留所: 国立歌劇場 - 美術史美術館/英雄広場 - マリアヒルファー通り/ショッピングストリート - ブルク劇場/市庁舎 - 大学 - リーベンベルクデンクマル/大学 - リヒテンシュタイン通り/ジークムント・フロイト博物館 - ヴォティーフ教会 - ウィーン空港線 - DDSG シティクルーズ - MAK/美術館応用芸術 - 都市公園 - シュトラウス記念碑 - 国立歌劇場 バスは10~20分おきに到着します。所要時間は60分です。 月曜~日曜、午前 9 時 20 分~午後 6 時 30 分 イエロールート 有名なシェーンブルン宮殿、シュヴァルツェンベルク広場、ベルヴェデーレ宮殿を訪れてください。 停留所: 国立歌劇場 - 西駅/駅 - シェーンブルン宮殿 - 中央駅 - 現代美術館 - ベルヴェデーレ宮殿 - ベルヴェデーレ宮殿 - 国立歌劇場 バスは 15 ~ 30 分ごとに到着します。所要時間は75分です。 月曜~日曜、午前 9 時 15 分~午後 6 時 15 分。 国立歌劇場からシェーンブルン宮殿までの所要時間は約 36 分です。 青のルート: 有名な「プラーター地区」を訪れて、応用美術館、美術館、さらにはクンストハウス/フンデルトヴァッサー美術館の傑作をすべて鑑賞しましょう。 停留所: MAK/応用芸術美術館 - 都市公園 - シュトラウス記念碑 - 国立歌劇場 - 美術史博物館/英雄広場 - マリアヒルファー通り/ショッピング街 - ブルク劇場/市庁舎 - 大学 - リーベンベルクデンクマル/大学 - リヒテンシュタイン通り/ジークムント フロイト博物館 - ヴォティフ教会- ウィーン空港線 - DDSG シティ クルーズ - フンデルトヴァッサー美術館/美術館 - リーゼンラート/大観覧車 - DDSG (Pier6 インペリアル ブリッジ - ドナウトゥルム/ドナウ塔 - アルテ ドナウ/旧ドナウ - 宇野市 - ドナウインゼル/ドナウ島 - プラーターシュテルン/駅) - ターボール通り/犯罪博物館 - DDSG シティ クルーズ - MAK/応用芸術博物館 バスは 15 ~ 20 分ごとに到着します。所要時間は120分です。 月曜~日曜、午前 9 時 20 分~午後 6 時 40 分。 チケットには、アプリを使用したセルフガイド ウォーキング ツアーが含まれています。自分のペースで街を横断しましょう。ウィーン国立歌劇場、ベートーベン像、ウィーン コンサート ハウス、音楽院、ベートーベン博物館をご覧ください。地元のパートナーのサービス センターからヘッドフォンと地図を受け取り、QuietVox ガイド アプリの指示に従って地点から地点まで移動します。各停留所で QR コードをスキャンして、停留所の詳細を確認してください。

ウィーン:公共交通機関シティカードとアトラクション割引

9. ウィーン:公共交通機関シティカードとアトラクション割引

市内の地下鉄、路面電車、電車、バス路線を無料で無制限に利用して、ウィーンを探索しましょう。市内を素早く簡単に移動できます。 ウィーン シティ カードがあれば、オーストリアの美しい首都のどこへでも行くことができます。アクティベートすると、地下鉄、路面電車、地域列車、バス、夜行バス (ゾーン 100) などの公共交通機関を無料で無制限に利用して、24 時間、48 時間、または 72 時間、市内全体を探索できます。 滞在中 (最大 7 日間)、博物館や名所、展示会、劇場、コンサート、ショップ、参加レストランでの 20% 割引など、さまざまな特典をお楽しみいただけます。割引で最大 50% 節約できます。 家族で旅行する場合は、シティ カード所有者 1 人につき 15 歳未満の子供 1 人が無料で旅行できるのでラッキーです。 カードで受けられるすべての割引の詳細については、アプリ「ivie - あなたのパーソナル シティ ガイド」をご覧ください。 ivie をダウンロードし、8 桁のコードを入力して、デジタル ウィーン シティ カードを有効化して保持します。

ウィーン:シェーンブルン動物園 優先入場券

10. ウィーン:シェーンブルン動物園 優先入場券

現存する世界最古の動物園であり、5回連続でヨーロッパの最優秀動物園に選ばれているシェーンブルン動物園を訪れましょう。ユネスコ世界遺産に登録されているシェーンブルン宮殿を中心に、文化と自然が融合した動物園で、自然保護と生物多様性の促進、そして当時の帝国の魅力を満喫しましょう。 700種類の動物たち、アリクイからシマウマまでご覧いただけます。 世界各地に生息する700種類の動物(中には絶滅の危機に瀕している生物も)を見ることができます。17ヘクタールに及ぶ広大な園内を探索しながら、キリンをはじめ、ロープにぶら下がっているオランウータン、昼寝しているシベリアトラ、ユーカリの葉をむしゃむしゃ食べるコアラ、泥風呂の中を歩くアフリカゾウ、砂を掘ったり砂地を転がったりするミーアキャットなど、様々な動物たちに会いましょう。 スター アトラクションは、ジャイアント パンダです。 動物園の人気者ジャイアント パンダに会いましょう。シェーンブルン動物園は中華人民共和国からパンダのつがいを委託された世界でも数少ない動物園のうちのひとつです。その理由について学ぶ機会を得られます。また、シェーンブルン動物園は絶滅危惧種であるパンダの自然繁殖を促す活動をしている事が特徴です。見学を通して、その方法などについても理解する事ができます。 アニマル ハウスを巡る世界ツアーに出かけましょう。 天候の悪い日は、アニマル ハウスに避難しましょう。中でも、2つの階層からなる熱帯雨林館は見どころです。多種多様な熱帯の動植物を見学することができます。 アクアリウムのきらめく美しい魚やテラリウムの魅惑的な爬虫類に目がくぎ付けになること間違い無しです。リスザルとアカエリマキキツネザルを見ましょう。 ポラリウム(Polarium)ではアザラシやペンギンが水中を泳ぐ姿を見ることができます。隣接するポラードム(Polardom)ではホッキョクグマが水中に潜る様子を見られるでしょう。ティローラーホフ(Tirolerhof)では珍しい家畜の品種について興味深い事実を学ぶことができます。

ウィーン

ウィーン

ウィーンのコンサート&オペラに関するよくある質問

ウィーンでコンサート&オペラ以外にも、絶対に見逃せないアクティビティはありますか?

ウィーンで絶対に見逃せないアクティビティは:

ウィーンを探索する

ウィーンの完全なガイドを読むか、この街の最高の体験を発見してください。

ウィーンの感想

総合評価

4.4
(4,572 件のレビュー)

パフォーマンスがとても気に入りました。これまで訪れたことがない方は、少なくとも一度は訪れるべきです。モーツァルトオーケストラは、スピーカーやマイクを使わずに生演奏で演奏するユニークな体験でした。美しい衣装で素晴らしいデュエットを披露し、観客との交流もとても気に入りました。これまで経験したことのない体験でした:) 黄金のホールのエレガントな雰囲気

ウィーンにふさわしいコンサート。第一ヴァイオリンとアンサンブルは、演奏と解釈の繊細さの両方において並外れたものです。めまいがするような部屋、唯一の欠点は、聴衆が標準に達していなかったということです。

スリル満点!オンラインで購入したチケットの交換担当者は親切で親切で、無料アップグレードを申し出てくれました。すぐにオーケストラの近くに着きました。音響に対する忍耐力:衣装の細部の鑑賞に驚嘆

音響も素晴らしく、ヴィヴァルディ作品の演奏を満喫しました。イベントの前夜に、バウチャーに加えてチケットが到着したのは便利でした。

素晴らしい衣装のコンサートでした。聞き覚えのある音楽でした。新年のコンサートを「私もそこにいた!」という気持ちで見ます。